2011年10月10日

vs広島 22回戦 -2011年10月10日-

 横浜 201 000 000 = 3
 広島 000 000 000 = 0

【投手】
 [横] ○小林太(4勝3敗)−H牛田−S山口(32S)
 [広] ●今井(1勝1敗)−大島−梅津−青木−永川勝

【対戦成績】22試合7勝15敗

3連休の最終日、寂しいスタンドの入りとなりましたが
カープに相性のいいコバフトが7回無失点と踏ん張り、今季4勝目。
先発に再転向してから、ここのところ3連勝。
来年に向けて、着実に投手陣が整ってきている感じですね。

初回、無死満塁とするも、村田、直人が打ち上げて凡退。
嫌な予感がしましたが、松本が右中間へ2点タイムリー。
ここのところ、攻守でアピール出来てるじゃないか。
そして3回、荒波、筒香の連打で1,3塁とすると
村田センターへ浅いフライ。荒波の好走塁で貴重な追加点。
荒波もこの日3安打猛打賞。非力さは否めませんが
その分、足で稼いで十分にアピール出来ています。
野球のセンスをすごく感じる選手です。

この3点を牛田、山口のリレーで守り切りました。
コバフトで完封も出来たかな、という感じには見えましたが
ヒロインで「次は最後まで任せてもらえるような投球を」と
コメントしていましたね。よかったと思うけどなぁ。
次も頼むよ。
posted by niji_papa at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。