2011年07月18日

vsヤクルト 10回戦 -2011年7月18日-

 ヤクルト 000 000 101 = 2
 横浜   000 200 000 = 2

【投手】
 [横] 須田−H大原慎−H江尻−H牛田−山口
 [ヤ] 七条−赤川−押本−久古−バーネット

【対戦成績】10試合2勝6敗2分

んー、勝てない。あまりの不安的中にちょっとひくw
今日の先発は須田でした。初回こそピンチを招きましたが、
バレンティン抑えると、勢いに乗って7回途中まで無失点。
7回に1死2塁としたところで、降板。
後続の大原が二死後青木をセカンドフライに打ち取りましたが
強風に流されて、これが渡辺のエラーとなり、1点を返されました。
記録はエラーですが、グラブにも当たってないし
あれをエラーにされてしまうとちょっと厳しいですね。

しかし金城のタイムリーと、新沼の押し出し四球であげた2点を
江尻、牛田のリレーで守り9回へ。昨日、打たれてしまった
2人をすぐに使って結果を出したことで一安心ですね。
しかし、9回に山口が先頭の宮本にヒットを打たれると、
続く川端に初球をバスターエンドラン、さらに相川にも初球を
センター前へ運ばれ、あっさり同点でした。

1点リードって怖いな、先頭打者を出して怖いな・・ と思って
いたら、やはり案の定でした。
なんなんだろう、この信頼出来なさ加減は・・
後続の青木なんかを打ち取った投球とは、別人のようです。
リリーフ、向いてないのか?
posted by niji_papa at 21:58| Comment(2) | TrackBack(1) | ヤクルト戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

イヤな予感ほど当たっちゃう気になりますよね。

>あれをエラーにされてしまうとちょっと厳しいですね。
尾花監督は『捕ってくれないと…』と(^^;
結構、風が舞っていたようですね。
捕球体制に入っていたのに流れて行っちゃった。

須田投手はいい投球をしてくれていたと思います。
正直勝ちがつくだろうなって見てた。

>なんなんだろう、この信頼出来なさ加減は・・
仕様でしょうか…。
抑えならもっと図太くなっていいかなって。

>リリーフ、向いてないのか?
それは言っちゃダメー(><)
他に居ないし。
Posted by 七色奇譚@管理人 at 2011年07月19日 22:07
七色奇譚@管理人 様

こんばんは。

>イヤな予感ほど当たっちゃう気になりますよね。
この前、打たれたし、そない何回も打たれんだろ・・ と
言い聞かせてみてますが、やっぱり打たれる OTL

>結構、風が舞っていたようですね。
>捕球体制に入っていたのに流れて行っちゃった。
風なのかと思ってたら、ただのお見合いみたいに書いてる
ところもありましたね。ホントのところはどうなんでしょうか。

>須田投手はいい投球をしてくれていたと思います。
>正直勝ちがつくだろうなって見てた。
結構、いいですよね。
早大の3人ばかりが注目されたドラフトでしたが
意外にも、勝ち組だったんじゃないですかね。
試合には勝ててないですがww

>それは言っちゃダメー(><)
>他に居ないし。
そこでクルーンですよ。今、暇にしてるでしょ。
Posted by niji_papa at 2011年07月19日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215477872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

横浜 vs ヤクルト 第10回戦
Excerpt: (山口は)先頭打者を出すので、それで苦しくなる。by尾花監督 【18日・横浜】◇10回戦・横浜2勝6敗2分 ◇観衆13,248 Ys 0 0 0 0 0 0 1 0 1 = 2 YB 0 0..
Weblog: 七色奇譚
Tracked: 2011-07-19 21:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。